MENU

水道水は危険なの!?トリハロメタンの怖さ

多くのお医者さんや助産師にミルクを製造販売している会社は水道水でミルクを作っても大丈夫と言います。

 

その理由は日本の水道水は綺麗で飲めるということと浄水器も普及してきているからとのことですが、果たして大人には大丈夫でも赤ん坊にも良いのでしょうか。

 

 

普段利用している水道の水は本当に安全か

 

トリハロメタンというものをご存じでしょうか。これはお水とそのお水を消毒する塩素が化学反応を起こしてできてしまうもので発ガン性があるのではないかと危惧されているのです。

 

お水は沸騰されると熱消毒されるから大丈夫だろうという考えをお持ちのかたもおられるかもしれませんが、沸騰直後に何倍もの数値となってしまうのがこの物質の怖いところなのです。

 

確かに沸騰し続けていけばこの物質を取り除くけるかもしれませんがその時間は50分以上とも言われているので赤ん坊のミルクを毎日つくってあげるのにそれほどの時間があるでしょうか。

 

さらに長時間の沸騰によってかかるガス料金もしくは電気料金も相当な金額になることは間違いないと思います。ではどうすればこの問題を解決できるのでしょうか。

 

赤ちゃんのミルク作りにはどんな水を使うのがいい?

 

水と塩素が反応してトリハロメタンが発生するのであれば塩素自体を使用していないお水をミルクを作る際に使用すれば良いのです。つまり天然のお水を使用すれば問題解決に繋がっていきます。

 

有り難いことに天然水はコンビニやスーパーなどでペットボトルに入って販売しているので簡単に手に入れることができるのです。ただ一回で大量の天然水を抱えて購入することは難しく、かといって毎日天然水を購入するために出掛けるのも大変労力を使うのです。

 

その問題も解決できるのがウォーターサーバーではないでしょうか。これさえあれば買い物に出掛けなくても定期的に家まで配達してくれるし、エコにも繋がるのでとっても効率的です。

 

天然水とミネラルウォーターに関しては別途説明しているのでそのページで自分に合ったお水を発見してはいかがでしょうか。