キャッシュと初期化

スマートフォンのキャッシュは動作に大きく影響する

スマートフォンのキャッシュ スマートフォンでは、動作しているアプリやタスクに対してキャッシュ機能と呼ばれる一時保管データが用いられており、読み込み速度の高速化及び通信量の削減へ役立てられています。
基本的には端末の処理速度を引き上げる目的として使われる機能となっていますが、大量のキャッシュがたまりすぎるとストレージ容量の圧迫に繋がるほか、メモリ搭載量の少ないスマートフォンを使用している場合は逆に動作が遅くなる例も少なくはありません。
そのため、処理速度が遅いと感じる状況下においては一時的にキャッシュデータの削除を実施し、ストレージとメモリ容量に余裕を持たせつつ保管されている情報を最新の状態へ更新する選択が求められてきます。
ただし、消えたデータはネット経由などで再取得が必要となる理由から頻繁にスマートフォンのキャッシュを削除しすぎるのも逆効果であり、アプリによってはダウンロードの通信費用が高くなることも考えられる点に注意しておき、定期的なメンテナンスとして取り入れるのが正しい使い方となります。

スマートフォンを初期化させる方法

スマートフォンの中に保存されているデータを消去したいのであれば、初期化がおすすめです。初期化を行うと完全にデータの消去が可能で、復旧も不可能となります。
初期化の方法はスマートフォンに搭載されているOSの種類によります。あるOSの場合はシステムの設定より、作業が可能となります。初期化にかかる時間は5分程度です。どれだけのデータが保存されていても、時間が変わることはありません。完全にデータを消去してしまうため、アプリなどを使う場合は再度インストールを行う必要があります。
この作業で注意しておきたいポイントは、中に保存されているデータの存在です。何もしないまま作業を進めてしまうと完全にデータが消えてしまいます。もし残したいデータが存在するのであれば、事前にバックアップを作成しておくと良いです。バックアップを作成するための、アプリがあるのでそれを利用すると良いでしょう。
完全にデータを削除するためには、色々と準備が必要になります。

おすすめWEBサイト 5選

Last update:2017/6/30

$q." -rt","count" => 3,);//←※リツイートを除く。表示件数:3件。 echo "
\n"; echo "

『".$q."』
最新ツイート

\n\n"; $results = search($query); foreach ($results->statuses as $result) { echo "

\n" . "
\n

@" . $result->user->screen_name . "

\n" . "

" . $result->text . "

\n" . "

" . convert_to_fuzzy_time($result->created_at) . " - \n". date('Y年m月d日',strtotime($result->created_at)) . "

\n" . "
\n
\n
\n\n"; } echo "
\n\n"; ?>